ちら見が限界

古い屋根の点検に訪問した時の忘れてはいけない確認事項の一つに既存の瓦寸法を計測するというのがあげられます。 これ大事です! 現在の瓦はJIS規格に則って坪56枚判とか坪53枚判というような区分が設けられていますが古い瓦は寸法もバラツキがあってどの瓦を持っていっても合うということはまずありません。最近 某窯元さんで譲り受けた瓦は超貴重寸法の瓦。

dsc05160.JPG (・・・って写真じゃわからんわな)

坪80枚判よりまだ小さい極小瓦。この水返しもないド・ノーマルなデザインがきっと瓦の本来の姿なんでしょうね。研究に研究を重ねた近年のハイブリッドな瓦に見慣れてしまっている足袋人にとってはカルチャーショック的な興奮でした。大切に使わしていただきます。

ショックといえば・・・

今日前を通りかかったこの某所の看板。

dsc05326.JPG (ゲッ!!)

足袋人の一番の苦手としているヤツを展示?! 恐いもの見たさで気にはなるけど・・・

ありえん (≧-≦)