鬼立て式

爽やかな天候のお陰で棟積みが順調に進んでおります。

dsc05480-1.JPG 

この現場は着工当初から悪天候で出鼻をくじかれているので工事の遅れを取り戻そうと必死で頑張っております。2階の向かって右側はほぼ終了。段取り良く左側の鬼立てをしました。

が!これがまた重いのなんのって!

下で組んでしまうととてもじゃないけど一人で持ち上がらないので仕方なく屋根上で組みました。社寺の鬼瓦ならともかく民家の鬼瓦でこんなに重いのは初めてかも?自分を非力に感じてしまいました(^^);

dsc05482.JPG

本体と鬼台だけで60センチ近くあります。
女性のウエストくらいと言えばわかりますかね? え?余計わからんて(´ΨΨ`)
重量は軽めのモデルくらいと言ったらわかるでしょうか?もうええって?? \(^^;
なかなか組み応えがありました。この状態では極端に鬼の大きさだけが目立ってしまいますが棟積みをすればバランス良く見えてきます。
今晩は貴重な新築工事の図面とにらめっこしております。
どこに拘りを見出しあの手この手で屋根を装飾する・・・そんなこと考えてたら楽しくなりますね。
予算の上限を確認しないと大変な金額になってしまいそうですが。
これだけ悩んで悩んで悩みぬいてその結果仕事取れなかったってことも多々ありますのであくまで冷静な足袋人でした。