讃岐の古瓦

大きい現場が少なく現場の回転が速すぎて段取りにてんてこ舞いしています。
天候にも左右される為そんなに毎日都合よくもいかないし・・・

現場に出ながら合間をみては次の現場の下準備。
一日なんてあっという間に終わってしまいます。

dsc00956.JPG この木はどこ使うんだ?

そんな話以外に世間話もしながら数時間取引先で滞在することも多々あります。今日も何杯コーヒー頂いたことやら。トイレも近くなって当然ですね。

今日は修繕依頼のあったお宅で格好いい瓦と出会いました。

dsc00941.JPG (画像クリックで拡大します)

柄入りの面戸瓦です。産地はどこなんでしょうかね?蛇の目の鎬万十軒といい讃岐の古い屋根にはたくさんの拘りをみることができます。日本で一番面積の小さい県ではありますが屋根瓦に関してはかなり見所の多い地域です。