割り付けの大切さ

増築工事現場です。
121024blog.JPG (つなぎ部分のみ)
メインは板金屋根になりましたので取り合いのケラバ部分を葺き戻しました。
割付けは打ち合わせ通りバッチリ
しかしながら新設部の板金屋根の方が若干高く袖瓦の下端を落とさないと納まらない。少々ならともかくあんまり下端を落とし過ぎると美観がよろしくない!
ここでどう納めるかは職人の考え方ヒトツ。
風切丸を内側に返して取り付ける選択をしましたが・・・
これで良かったと思います☆
こちらは明日から入る新築現場。121024blog-2.JPG
中から見上げると・・・ 121024blog-3.JPG 吹き抜けアリ。
そう。。。
トップライトがつく予定です。
これで室内も間違いなく明るくなります。
やみくもに付けられると瓦の方の仕舞いが良くないのでここでも瓦割に合わせてトップライトを付けて頂きます。
割り・・・
とても重要なのです☆