和風モダンにも合う一文字

久しぶりの現場便りです。

和風の新築現場・屋根工事が終了しました。

二階が瓦屋根・一階が板金屋根となります。

足場が近くて綺麗に写せませんが・・・

今年初の一文字軒瓦(いちもんじのきかわら)でした。

合口(あいくち)の隙間のない摺り合せ(すりあわせ)は勿論のこと下端(したば)の直線美を見ていただきたい現場です。

袖瓦(そでがわら)の下端(したば)もスカッと気持ちよく通っています。

桟瓦(さんがわら)は切落(きりおち)。
面を取っていないのでその分しっかりとした感じに見えます。

棟で使用したのは上品な薄のし。
今回は各段に3分(1㎝弱)の目地(めじ)を付け陰影を表現してみました。

 鬼瓦もレギュラー品よりは薄い鬼瓦です。

 

毎回思いますが。。。
和風は飽きがきませんね~。