恵比寿顔に福きたる

修理の旅の最中で。。。
 
 
お母屋・離れ・門に塀
これでもかと言う程にいぶし瓦で纏われた美しき御殿に見入ってしまいます
 
日本の景観美を語る時いぶし瓦は切っても切れない一端を確実に担っているはずです
 
こんな新築現場は今から先の未来にもうないかも知れません
だからこそ残していきたい一心です
 
こちらでは塀瓦の修理を依頼されました
玄関口のコーナーには【えびす】様
 
屋根瓦には縁起物として七福神も度々使用されます
その中でも【えびす】様は唯一日本出身の神様なのです
 
一般的に家内安全・商売繁盛の神様と言われておりますが特徴的なのはその持ち物です
釣竿を持ち鯛を抱える狩衣姿はまさに漁師
漁師さんにとっては航海の守り神・大漁を呼ぶ福神なのです
銅線を釣り糸のように細工しているのがニクイですね~
 
その福徳円満のエビス顔をもって私達に「目出鯛」をもたらして下さること間違いなし