患者と医師

雨の多い季節になると電話がよく鳴ります。

『雨漏りしとんやけど直してもらえる・・・』 って。
(ちなみに足袋人が施工した屋根ではない!念のため!!)

『ドクターTにお任せあれ!』

行ってみるとオペの度合いはさまざまです。

dsc06875.JPGdsc06876.JPG (重症患者)

袖瓦・・・落ちとるやん。
ここまでになってしまうとうかつに乗ることも危険です。足場を組んで木工事から執刀しないといけません。正直言うと葺き替えレベルなんですが建物自体が何年も持ちそうにないので修理で決定です。

 ここは他の業者が直しにきたそうですが雨漏りがとまらないそうです。

dsc06832-1.JPG (フムフム!)

ホントに直したんかいな?

dsc06835.JPGdsc06836.JPG (一応直してるみたい・・・)

落下しそうな鬼瓦を見事に留めつけています\(^^;;)
刀根丸に関しては7寸丸。しかもセメント瓦 \(---)/
色々見れて楽しいような悲しいような・・・。

続いては・・・

dsc06826.JPGdsc06827.JPG (ん?)

瓦じゃないけど雨漏りだから呼ばれます(^-^) 
釘が浮いてるところからジャンジャン雨が落ちてくるそうです。釘を打ち直して上からコーキングでおさえて欲しいとの事。これって世間の悪徳コーキングさんが喜びそうな現場ですね。彼らに頼めば200万はイクかな(^^ヾ

それよりココ・・・

dsc06830.JPGdsc06831.JPG (デカすぎやぞ!)

ざっと1000㎡はあるかな。意識が薄れていくような仕事ですがとりあえず年内にはやります!とだけ言って帰ってきました。

さて・・・

現在足袋人’s施工中の現場ですが・・・

dsc06881.JPGdsc06883.JPG (やったど~♪)

明日からの天気が悪いみたいなので面倒なところだけ残して地葺き完了です。いつもは手間のかかる部分を先にやっちゃいますがそんな悠長なことは言ってられません。
ちなみに足袋人’s・・・全員筋肉痛に襲われてます(^ε^)

ある意味やりがいアリ!でした(^^)/

シェアする

フォローする

コメント

  1. 瓦人 より:

    あれ?10人ぐらい投入しました~?
    でないと地伏せが早すぎるような・・・
    信じられな~い(笑)

  2. 瓦人さん。
    いつものメンバーに私が半日抜けて終わらせました。
    身体・・・弱ってきてます^^;
    いつまでも同じ現場ではいませんよ!
    そろそろトレーラー段取りしといてなー♪