大小を問わず強い屋根をつくる為の工夫

増築現場に下葺材を張りに行って来ました。

かなり小面積ながら既存瓦と高さを合わせた施工が必要となります。

元々の施工は土葺き。
瓦の下に土を入れ下地よりかなり浮いた状態で施工されています。

一般的な空葺きで施工すると取り合い部分の高さが合わない為納まりません。

こういった仕事では事前の推測・想定を持って現場に臨むことが職人には大切であり正確な指示ができる者が下見に行くことで組織力を発揮できると考えます。

当社の施工ではこんな現場でも釘の保持力を生かせるよう空葺きに近い状態で施工したいので瓦下に打つ桟木の厚さを工夫し土葺きの状態に近づけています。