一石二鳥の役割

こちらは現在三豊市内でリフォーム中の現場です。

軒先の瓦を撤去したもののその後がなかなか進まず手間取っております。

パラペット部分の撤去をしているとその影響から出る振動で瓦下に敷き詰められた土も落ちてくる始末。

タイミングは少し早いですが復旧時に使用する広小舞(ひろこまい)を先に打つことに。

土留めの役割も果たせるように今回は角材にしました。
一石二鳥の広小舞。

この角材の位置まで箱谷を広くする計画です。

明日から出張で不在ですが帰ってくる頃には谷の土台もできているはずだと。
現場の頑張りに期待です。