瓦オブジェでキャンドル・ナイト【設営編】

毎日毎日いやな梅雨空が続きます。

今日午前中に県内の瓦屋さんが来社。手が空きそうということで屋の仕事を手伝ってもらうことになりました。調子に乗って一気に3軒もお願いしてみましたが快くオッケー!
つまり足袋人は今日一日で3軒の現場を完工させたことになります\(^^;)
(何か違うような気もするが・・・)

気分を良くして午後から明日のイベントの打ち合わせに行って来ました。

dsc07080.JPGdsc07086.JPG (到着)

古瓦をさり気なく使用。見事なまでにマッチングーグーグー

dsc07082.JPG (ビオトーブ)

自然界ではあまり見ることの少なくなったこんな景観も日本人が忘れてはいけない原風景の一つです。なんとメダカたちとともにカニがいました。

そしてこの倉庫内にはまた別の異空間が広がります。

dsc07069.JPGdsc07077.JPGdsc07070.JPG

思わず住みたくなる雰囲気でしょ!
近代的なモノもお洒落ですし機能性もありますから決して否定するつもりはありません。でもこの室内の感じ・・・どうですか?木の温かみと土壁の質感はとてもココロを優しくしてくれると思いませんか?足袋人はここで住みたいくらいです(^^)v

場所は・・・

dsc07079.JPG (古木里庫-こきりこ-)

最近できたこの場所で明日イベントが開催されます。

dsc07087.JPG (1000000人のキャンドルナイト 2008 夏)

dsc07074-1.JPG (キャンドル・グラス)

今日から設営が始まっています。

そこへ足袋人がなんで?ってことですが勿論瓦部門での参加です。

dsc07066.JPG (キタ~~~!)

KAWARAモノオブジェ・・・ついに登場です。製作より約一年経って表舞台にでることとなりました。インテリアとしての存在感は他を圧倒します。
甍飾人・足袋人として期待に応えまくります。

dsc07078-1.JPG (4人で・・・)

ひと足お先にキャンドル・デーを愉しんでしまいました。
男性2人に女性2人で気分はまるで【サーカス】です。(古っ!)

静寂の中にも大人のココロを癒すハーモニーが流れてきそうです。

皆さんも是非是非明日お立ち寄りください(^^)/

シェアする

フォローする

コメント

  1. 瓦人 より:

    キタ~~~!
    待ちに待ったお披露目ですね♪
    苦節○年・・・?
    先行投資が花咲く瞬間ですね。

    またリポート・・・期待しています。

  2. 瓦人さん。
    やっとお披露目となりました。
    これも一つのきっかけ作りです。
    瓦の良さが少しでも伝わればそれでいいんです。