施工不良から発生する仕事

かなりBIGサイズの屋根で現調でした。

陸棟(ろくむね)・降り棟(くだりむね)ともに水板瓦が使用されています。

この降り下にある桟瓦のズレが気になるところです。
水板の下に施工された台面(だいめん)もこの形状の素台面(すだいめん)はただでさえ雨水が廻りやすく雨仕舞いを間違うとかなり危険。
この桟瓦のズレ直しには降り棟を一旦解体する必要があります。

掛け巴も届いていませんね。
割付ミスでしょうか。
上にある丸瓦(利根丸)の中心まで掛け巴が入っている割付が正解です。

この現場・・・ 

修理仕事にしても金額的にかなり大きくなりそうですね。

頭を悩ます現場が続きます。