保証はなくても多分止まる

雨漏り修繕現場です

集合住宅4棟のうち今回は2棟の修理に行ってきました

 

古くなったセメント瓦にありがちな今回の雨漏り
瓦同士の重なり部分に埃などが溜まるとそこから吸い上げられる雨水も結構な量となります
下葺材が劣化しているとたちまちそこから雨漏りを開始します

今回はご予算の関係で応急処置のみ

改質アスファルトルーフィングを二重張りにして元の瓦を戻すという作業内容でした
これだけでも随分と成果が上がる修理内容ですが保証はつけていません

あくまでも素材(瓦)自体を替えてもらわないと保証付き工事には至りません
ここら辺りはご了承を得てもらっております