直して維持すること

新築の屋根工事に入ったご縁で既存の家の屋根修理も頼まれました。

dsc03991.JPG (一箇所終了)

dsc03994.JPG (二箇所目終了)

ここまでは前々から聞いていましたが・・・矢先に三箇所目の修理依頼が。大きなお屋敷を継続して持ち続けるためにはメンテナンスも大変です。直し所が満載なのでした。

dsc03989.JPG (本葺きの門です)

厄介なのが最後に残ってました。でもこういう仕事の方がやる気がでます。

dsc03998.JPGdsc03999.JPG (古瓦登場)

やはりここは同じ時代の瓦で違和感なく仕上げたいと思います。
(少し枚数が足らない気がしますがそこは念力で)
新築工事は寸法も不陸もきちっとしているので案外仕事は容易くこんな修理現場の方が職人の持つ実力を判断するのには丁度良いのです。イケイケどんどんで葺いてしまう安っぽい職人は山ほどいますがその仕事を見極めるだけの眼力をもった依頼主も少なくなったということでしょう。悲しい時代ですが前向きに頑張っていきましょう♪
そのうちいいことが巡ってくること間違いなし(^^)/