気負いなく地道に

小工事が詰まってきているのでいつまでも待ってもらうわけにもいきませんし片っ端から工事に入っています。

dsc05361.JPGdsc05197.JPG (雨漏りです)

谷下の潜りこみですね。この現場は野地板をカットしているので壁際を雨水が流れるような仕舞いになってます。要注意箇所です。
ちなみに野地板を切りかぎせずに仕舞いしたら・・・

dsc05385.JPG (こうなります)

軒も深く決して壁際を雨水が流れることなく安心です。三角部分ののし積みが必要になりますがね。あとは奥のあいた空間に板などを張って仕舞いすれば鳥の巣を作られる心配もなく完璧でしょう。

dsc05392.JPG (現在葺き替え中の屋根)

軒の高さが違う部分がたくさんあって非常に重厚感があります。見栄えはいいのですがこのように軒高が違うということはそこに谷ができ前述したような潜りこみの発生でもあるのです。

dsc05387.JPG (そのうちの一箇所)

写真で見る以上に実際は中が狭く作業がはかどらない部位の一つです。手の届く範囲の限界まで奥でのしを積むようにしています。この現場は3箇所までは足袋人が納めてきてますが・・・その後誰かがやってくれたかどうかは未確認。たぶん・・・まだ残っています。
あと4箇所も!
まだまだ先は長そうですね。
焦らず気長にやります。

dsc05350.JPG (喉を消毒してきました)

残業に差し支えるので最近はいつもノン・アルコール♪