明日からリ・スタート

こちらはお盆前に着工した雨漏り現場ですが・・・

180815blog (1)

場所の特定をする上で必ず天井裏の様子を確認しています。

最終的に漏っている部分を見るのは勿論 雨水の流れを辿り どこから入ったのか(浸入口)を正確に突き止めないと雨漏りを止める事はできません。

特に部分的な葺き替え工事をする時は要注意です。

180815blog (2)

場所違いな葺き替えではその工事自体の意味がなくなってしまいますから。

夏季休暇を終え 明日にはスタッフが揃います。
随分とお待たせしているこの写真と全く同じような現場からスタートとなります。