どこから直すか考えよう

今日も7:00から19:00までの現場調査でした

ロスがないようなコースだと一日に10軒以上は回れます

自身で気になるのが・・・
未だ一軒も修理見積をしていないと言う事です
中には見積もり無しの実費で構わないという現場もありますがやはり事前作成が誠実と考えます

昨夜はずっと前から依頼を受けていた新築物件の見積を3軒するにとどまり終了
こちらも急ぐ
あちらも急ぐ
稀に見る悪循環を早く脱出したいですね~

こちらは今日の一軒

S型のセメント瓦

強風が吹くたびに飛びまくる厄介な屋根材です

一番端に使用されるケラバと呼ばれる部位がかなり風に弱いのが特徴でしょうか

垂れの部分が少なく また筋結も軟弱
破風板側に雨水が回るもんですから下地腐食も合い重なって毎回修繕のオンパレードです

この現場は外壁部分が最近リフォームされたようでまだピカピカでした

はっきり言いますが・・・

まずは 屋根から直しましょう

雨漏れがない状態でのリフォーム工事が大前提と常々思います