屋根工事における祭祀

三豊市内での瓦葺き替え現場より地鎮祭・上棟式と同じように葺き替え工事の着工は一種のセレモニーです

何十年もの間 家を守ってきた屋根瓦に敬意を表するとともに工事の安全を祈願いたします
通常は東西南北の四隅四方だと思いますが屋根の場合は頂上の棟鬼瓦二ヶ所と四方の隅鬼瓦なのかなと個人的には考えます

瓦剥ぎを終え現在は下地の木工事を行っております

桁からの高さがバラバラの為 面戸板を入れるのに時間をとられます

その分綺麗になります

良い屋根作りを目指し当分の間は此方の現場を重点的に追い込みます